1st EP『視線』ライナーノーツ公開

1st EP『視線』のライナーノーツを公開しました。

<自己をさらけ出し、時代の風を浴びて、odolは劇的な変化を遂げた>

「1st Album『odol』と2nd Album『YEARS』も結構違うと思うんですけど、この先も「前の作品を少しバージョンアップした」みたいなものを作るつもりはないので、またしばらくしたら新しいodolをお見せできると思います」

前作『YEARS』のリリースにあたって昨年行われたインタビューで、森山公稀(Piano,Synthesizer)はこんなことを語っていた。彼のこの不敵な発言は、想像をはるかに超える形で結実した。

『YEARS』リリース後の11月に早川知輝(Guitar)が加入し、6人のバンドとして再スタートを切ったodol。1年4か月ぶりの作品となる1st EP『視線』は、鍵盤で鳴らされる和音と雷のようなノイズがミゾベリョウ(Vocal,Guitar)のシリアスな歌声を導く「GREEN」で幕を開ける。ネオソウル的な要素も感じさせる複雑なビートと物憂げに響くストリングスに乗せて歌われるのは<争いから 間違いから どうか君を守ってほしい><本当は気付いていたんだ 火の手が上がる世界 君には見せたくないと思った>といったメッセージ性の強い言葉。以前のodolにはなかったヒリヒリするような緊張感が、リスナーの耳を釘付けにする。

「ロック」という枠から完全に解き放たれたサウンドプロダクションと、怒りや苛立ちを吐露する一方で前に進もうという意思も確かに感じられるストレートな言葉。「GREEN」で示されるodolの新境地は、EP全体を通してのモードとなっている。何とも言えない閉塞感の漂う歌詞(<「未来は輝く」 そんな歌書くヤツの気が知れないね>というフレーズも登場する)を現代音楽的なアンサンブルとともに聴かせる「狭い部屋」、The Style Council「Shout To The Top」ばりのおしゃれなストリングスをバックに女性目線で日々のむなしさが語られる「私」、全編打ち込みで制作されたインタールード的な小品「またあした」、品のいいピアノとクリーンなギターの相性が良い「その向こう側」を経て今作のラストを締めくくるのは、荘厳な賛美歌にも人懐こい童謡にも聴こえる「虹の端」。<もう不安な気持ちなんて飛んでゆくよ>と歌われるサビのメロディと6本のギターのみで鳴らされる美しいサウンドが印象的なこの曲は、現時点での彼らのひとつの到達点とも呼べる出来栄えとなっている。

新たなバンドの体制、若さゆえに微細に揺れ動くメンバーそれぞれの心情、音楽シーンのトレンド、不安定としか言いようがない世界情勢。『視線』には、odolを取り巻く様々なレイヤーでの変化がタイムリーに反映されているように思える。2017年のodolにしか作れないであろう今作がリリース後にどのような反応を呼び起こすのか、そして今作を踏まえてこの先odolがどんな音楽を生み出すのか、引き続き注目していきたい。(レジー)

1st EP『視線』全曲先行配信&タワーレコード一部店舗にて、全曲先行試聴実施

1st EP『視線』の全曲先行配信を、iTunes Store、OTOTOY等のダウンロード、Apple Music、Spotify等の音楽ストリーミングサービスにて開始しました。
また収録曲である「GREEN」「狭い部屋」「私」の3曲を、Official AudioとしてYouTubeにて公開しました。

<先行配信>
[ダウンロード]
iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/%E8%A6%96%E7%B7%9A-ep/id1251366312
OTOTOY
http://ototoy.jp/_/default/p/78458

[ストリーミング]
Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/%E8%A6%96%E7%B7%9A-ep/id1251366312
Spotify
http://open.spotify.com/album/4m2vDR109PrhvFJB8cgaXv

<Official Audio>
GREEN

狭い部屋


 

___________________________

タワーレコードの一部店舗にて、CDの発売に先駆けて、9/11(月)から全曲先行試聴を実施することが決定しました。
<『視線』先行試聴実施店舗>
先行試聴実施期間:9/11(月)~
実施店舗:下記14店舗にて実施

タワーレコード渋谷店
タワーレコード仙台パルコ店
タワーレコード広島店
タワーレコード池袋店
タワーレコード名古屋パルコ店
タワーレコード福岡パルコ店
タワーレコード神戸店
タワーレコード梅田大阪マルビル店
タワーレコード金沢フォーラス店
タワーレコード札幌ピヴォ店
タワーレコード新宿店
タワーレコード梅田NU茶屋町店
タワーレコード横浜ビブレ店
タワーレコード京都店

<CD詳細>
1st EP『視線』
発売日:2017年9月20日(水)
品番:UKCD-1168
価格:¥1,600+税
レーベル:UK.PROJECT
収録曲
1.GREEN
2.狭い部屋
3.私
4.またあした
5.その向こう側
6.虹の端
※ブックレットにはメンバーによるセルフライナーノーツを掲載
※『視線』CD購入者全国共通特典:CD(「君は、笑う(2017)」収録)

【ライブ】9/25(月)名古屋CLUB ROCK’N’ROLL「FIND OUT & HOORAY HOORAY FRIDAY present NATSU FES.GO-GO! Vol.5 -弾き語りアコースティックNIGHT-」出演決定

9/25(月)に名古屋CLUB ROCK’N’ROLLで開催される
「FIND OUT & HOORAY HOORAY FRIDAY present NATSU FES.GO-GO! Vol.5 -弾き語りアコースティックNIGHT-」に、出演決定しました。
※出演はミゾベと森山の2人です。
※招待制のイベントになります。

http://odol.jpn.com/news/?p=1317

11/18(土)仙台「HELLO INDIE 2017」

HELLO INDIE 2017最終HELLO INDIE TT仙台、さいたまで開催されるサーキットフェスティバル「HELLO INDIE 2017」に出演決定しました。
※odolは11/18(土)仙台のみ出演します。

HELLO INDIE 2017
【日程】仙台:11月18日(土)・さいたま:11月19日(日)
【開場/開演】12:00/12:30 ※会場により異なります。
【会場】
仙台:Rensa・CLUB JUNK BOX・retro BackPage・SENDAI KOFFEE CO.
さいたま:北浦和KYARA・北浦和Ayers・ディスクユニオン北浦和店

【仙台出演アーティスト】
あらかじめ決められた恋人たちへ / iri / 大比良瑞希 / odol / KUDANZ
spike shoes / sleepy.ab / 曽我部瑚夏 / 環ROY / 友部正人 / PAELLAS
Predawn / Vurro〈ESP〉 / ホテルニュートーキョー / MOROHA
Ryu Matsuyama / LEO今井 [SOLO SET] / Ropes

【さいたま出演アーティスト】
あらかじめ決められた恋⼈たちへ / 稲見繭 / 大比良瑞希 / KUDANZ
sleepy.ab / 曽我部瑚夏 / 環ROY / DALLJUB STEP CLUB / Nozomi Nobody
Via to / PAELLAS / Vurro〈ESP〉/ Maison book girl with カオティック・スピードキング
MOROHA / Yap!!! / LITE / Ryu Matsuyama / LEO今井 [SOLO SET]

【さいたま出演DJ】
DJ 神啓文
DJ タイラダイスケ(FREE THROW)
DJ 松本誠治(the telephones・We Come One)
DJ BU$HI(PLEASURE×SPACE/CRUNX81)
DJ YOKOTA

【料金】全自由 4,500円 ※未就学児童入場不可 ※ドリンク代無し
・ローソンチケット
【仙台】0570-084-002 Lコード:21545
【さいたま】0570-084-003 Lコード:70613
・チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:343-585
・イープラス http://eplus.jp
・楽天チケット http://ticket.rakuten.co.jp
・各会場
・タワーレコード仙台パルコ店 ※仙台公演のみ
・タワーレコード浦和店 ※さいたま公演のみ

INFO:http://helloindie.net/